ビジュアルボイスU18 2014 結果発表

審査総評

年齢には関係なく「映像とは何か?」という問題意識を深く理解した応募者が多く見受けられた。

特に今年は、自らの周辺の日常をドキュメントしたエネルギー溢れる高い水準の作品が多く、映像作家として深く感激させてもらいました。来年の応募も楽しみにしています。

エネルギー溢れた全ての若き応募者に感謝いたします。

  • Visual Voice Under 18 実行委員長 西宮 正明
  • 名古屋学芸大学 メディア造形学部 映像メディア学科

最優秀賞 山本紗代(17) [ 日本 ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

彼女は生まれつきのカメラマンに違いない。
「見つめる人」だ。
カメラを道具としてというより、目の一部として使いこなしている。
写された誰もが撮られたことを気づいていない。
水はその粘性を強調して動きを止め、仲間の腕にまとわりついている。
一枚一枚の写真のクオリティー、5枚並べた構成もその色調の統一感とともに優れている。 (渡部)

高校生活に於ける「青春 まっただ中」といったイメージが視る人に力強く伝わってきます。
そのテーマに対してフレーミング、シャッターチャンス、カラーバランス、など
すばらしい感性で被写体を切り撮っています。
また5枚の組写真としての構成力もすばらしく、非の打ちどころの無い秀作で、将来を期待します。 (安達)

優秀賞 Kunach Buranaprapeuk(15) [ Thailand ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

日常の中にある自然なシーンを淡々と切り取ったその写真は
5枚を通して色調と被写界深度に統一感があり美しい。
それには作為を感じさせない優しい視線がファインダーまたはLCDを通して見られる。
作者の見た、あるいは感じたToday=今日の一日の出来事が走馬灯のように蘇る。 (瀬口)

“いつもの場所”に漂う空気を、さり気なくすくい取ったような写真ですね。
友達のふとした瞬間の仕草に、「鏡では見ることの出来ない自分の姿」を
重ねあわせたのではないでしょうか。
同世代なればこそ定着し得た素顔の青春像です。 (加藤)

優秀賞 南 憂紀(17) [ 日本 ]

Plants: image 1 0f 3 thumb
Plants: image 2 0f 3 thumb
Plants: image 3 0f 3 thumb

審査員 選評

雑然とした空間に家族の温かさがぎっしりと詰まっています。
段ボール箱にすっぽりと入った妹の、カメラを意識した口元と目の表情がなんとも愛らしい。
よく見ると、ペットボトルが送られてきた箱である。
彼女は風呂にでも入った気分なのかもしれない。 (加藤)

真夏の日常生活の一瞬を切り撮ったコンセプチャルな家族写真。
中央の女の子の表情が作品のクオリティをあげていて、作者の視点がすばらしい。
撮影条件の悪い中でも日常の空気感が素直に描写されいて
todayというテーマにぴったりの作品に仕上がっています。 (安達)

中学生賞 木原麻世(13) [ 日本 ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

今日の出来事を心象風景的に捉えたシルエットの2枚と
全体にわたる淡い色使いは絵画的であり水彩画をイメージさせる。
絵画を描くように狙いを定めたショットである。この影の2枚は何を物語るのだろう。
そこにテーマの「Today」が浮かび上がるのではないだろうか。 (瀬口)

小学生賞 山田陽(8) [ 日本 ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

カメラを持って森の中に入ると、戸惑ってしまう。
あるのはたくさんの木とそよぐ風ばかりではないか。
でも気を落ち着けて周りを見回すと、そこには表情豊かな自然の姿があった。
葉っぱに近寄ってみたり、地面の光を追いかけたり、面白くなって時間が過ぎていく。
ふと気づくと木で出来たオブジェが微笑んでいる。
こうして君はカメラの中にも森を見つけたんだね。 (渡部)

奨励賞 Simonas Baronas(14) [ Lithuania ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

同心円状のパターンを、鏡面の球体に反射させて出来るこの美しい幾何学模様は
テーマの「Today」を極めて高い抽象性で語り、写真の持つ力を最大限に引き出した。
まさにVisual Voiceである。
この抽象性を支えるのが、ものを見て考える力、想像力と創造性である。
巧みに計算されたライティングと背景の作り方も魅力である。 (瀬口)

奨励賞 Anshul(13) [ India ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

逆光に光る髪を祖母に梳いてもらう少女の満面の笑み。
パソコンの画面を見つめる幼児の目はIT先進の一角を担うインドの象徴か。
連なって水に飛び込む子どもたちと、父親に放り投げられてはしゃぐ水上の少女は
灼熱の国ならではの沐浴の日常か。
額のビンディをはじめとした豪華な化粧と衣装は伝統の美意識だろう。
5枚組の編集が見事で、ナショナルジオグラフィックを連想させるインドのTODAY。 (加藤)

奨励賞 Amandeep Singh(18) [ India ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 1 0f 5 thumb

審査員 選評

肢体の引き締まったカラスに目が止まる。
「君、日本のカラスじゃないな?」その奥を歩く足はどこへ向かっているのか。
互いに興味は無い。どちらが「今日」から明日へと向かっているのだろう。
そう想像させられたのだから、仕方ない。 (仙頭)

奨励賞 森迫勝(8) [ 日本 ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

私はその風景の中に「居た」と遠い記憶を辿る。
その強さは才能である。才能に年齢はない。
技術ではなく人間と向き合う強く優しい心を更に身につけていって欲しいと願うばかりだ。
本当に八歳なのか? (仙頭)

奨励賞 椋木菜月 [ 日本 ]

Plants: image 1 0f 5 thumb
Plants: image 2 0f 5 thumb
Plants: image 3 0f 5 thumb
Plants: image 4 0f 5 thumb
Plants: image 5 0f 5 thumb

審査員 選評

現代的な映像言語と分類される方法論で、非常に感覚的な写真表現に挑戦し
しかもグラフィカルに展開した才能を高く評価します。 (西宮)

入選

  • 大口風凛(17) 愛知県 [ Japan ]
  • 岡田展寛(18 )愛知県 [ Japan ]
  • Kara Bressler(17)[ USA ]
  • Milos Vujicic (15)[ Serbia ]
  • 浅見彩音(小2) [ Japan ]
  • 津久戸朱莉(小3) [ Japan ]
  • 野倉悠正(小5) [ Japan ]
  • 松島友幸(17)石川県 [ Japan ]
  • 磯田歩実(13)愛知県 [ Japan ]
  • 加太瑛美(13)愛知県 [ Japan ]
  • 小橋川莉々子(13) 愛知県 [ Japan ]
  • 奥野美奈(17)和歌山県 [ Japan ]
  • 柏木麻甫(17)和歌山県 [ Japan ]
  • 鈴木帆香(17) 和歌山県 [ Japan ]
  • 各務公貴(18)岐阜県 [ Japan ]
  • 竹内琉奈 愛知県 [ Japan ]
  • 伊藤和叶 愛知県 [ Japan ]
  • 土居夏実(17)香川県 [ Japan ]
  • 稲山初音(14)愛知県 [ Japan ]
  • 中山紗矢香(12)愛知県 [ Japan ]
  • 大野那奈(13)愛知県 [ Japan ]
  • 北村恵理(17)神奈川県 [ Japan ]
  • Patchamon Wattakraiwat(16) [ Thailand ]
  • 宮田侑季(16)愛知県 [ Japan ]
  • Junyeol Ryu (18)[ Republic of Korea ]


以上、25名